認知行動療法の基本原則

原則1
認知行動療法では認知的視点に基づき
患者の抱える問題を絶え間なく
定式化し個々の患者の概念化を行なう

原則2
認知行動療法は
確固たる治療同盟を重視する

原則3
認知行動療法は協働作業と治療
への積極的関与を重視する

原則4
認知行動療法は問題に焦点を当て
目標志向的である

原則5
認知行動療法はまず
「今・ここ」を強調する

原則6
認知行動療法は心理的教育的であり
患者が自分自身の治療者になる事を
目指す。そして再発防止を重視する

原則7
認知行動療法は治療の回数や
期間を制約あるものとして
考える

原則8
認知行動療法では
セッションを構造化する

原則9
認知行動療法は
患者が自らの非機能的な
思考や信念を同定評価したり
それらを思考や信念に対応
したりできるようになるように
手助けする

原則10
認知行動療法や思考、気分、行動に
変化を起こすために多様な技法を
活用する